ホーム > コシヒカリについて

コシヒカリについて

コシヒカリ イメージ

 コシヒカリが誕生した1956年当時は、現在のように全国的に生産されるお米になるとは思われていなかったようです。 なぜなら、コシヒカリは美味しいけれど「倒状」「いもち病」に弱いと言う二つの大きな欠点を持っていて作りにくかったことと、 このころはまだ米不足の時代で増産しないといけない時代だったからです。
 しかし、1970年頃を境に米不足の時代から過剰な時代へと変化し、「作りやすい米」よりも「美味しい米」の方に力点が移ったために 需要が増えていき、1976年を転機に作付面積は増加の一途をたどりました。
 そして1979年には「日本晴」を抜いて日本一の生産量になり今日に至っています。 食味がよいだけでなく、早生の上、育成産地の幅が広いこと、 他品種とのブレンドをしても食味が落ちないことも作付面積増加の要因となっています。

 お米の美味しさを決める要因には、お米に含まれる

  1. たんばく質含量(多いと食味が落ち、少ないと食味が上がる)
  2. でんぷん中のアミロース含量(少ないほうが食味があがる)
  3. でんぷん中のアミロペクチン含量(高いほど食味が増す)、他

がありますが、美味しさを左右する最も大きな要因は品種そのものが持っている遺伝子のようです。 コシヒカリは、これら種々の条件に見事にあてはまり、お米の代表品種となってります。 当然のことですが、栽培方法やその年の気象条件によっても大きく影響されます。

あきたこまち

このお米は、コシヒカリを母、奥羽292号を父として1977年から水稲の育種と育成選抜を行い、 1984年に秋田県農業試験場で生れた品種です。母親コシヒカリの持つ良質・良食味と、父親奥羽292号の持つ強稈・耐病性を受け継ぎ、 早生化したことによりコシヒカリの持つ美味しさを秋田にまで北上させました。 「コシヒカリ」、「ひとめぼれ」と並んで日本を代表する品種です。

ひとめぼれ

このお米は、ポスト「ささにしき」として1991年に宮城県古川農業試験場で「コシヒカリ」を母、「初星」を父として誕生しました。 品種が優れているため現在は、コシヒカリに次いで生産量が多く東北以南ほぼ全国的に作られています。 「出会った途端に人目惚れする」くらいの極良食味であったところからこの名前がつけらました。 外観・味・ねばり・香りにとっても優れたお米です。

「コシヒカリ」・「あきたこまち」・「ひとめぼれ」といったお米がどんなにすばらしい品種でも、 それだけで毎年おいしいお米が生産されるわけではありません。品種の血統を生かすも殺すも栽培次第といわれてますが、 私たちが美味しいお米を手にすることができるのも農家の皆さんの努力の賜物です。心から感謝したいものです。

コシヒカリのルーツ イメージ

コシヒカリのルーツ

※「朝日」の一代前が「旭」(1909)です。「亀の尾4号」の前が「亀の尾」です。
コシヒカリは、四代前にさかのぼり良食味品種・東日本の「亀の尾」(1893)と西日本の「旭」(1909)がルーツとなります。

「亀の尾」

山形県東田川郡大和村の阿部亀治氏が1893年(明治26年)に、同郡立谷沢村で「冷立稲(ひえたてとう)」別名「水口稲(みなくちいね)」を 栽培し登熟不良のもののなかから稔実のよい変株を発見し次年以降増殖・選択したものです。

「旭」

京都府乙訓郡向日町の山本新次郎氏が1909年(明治42年)に、 「日の出」を栽培している田んぼの中から二種の変形を発見し次年以降増殖・選抜したものです。

その後、多くの人々が長い年月をかけ、苦労を重ねた末に上記のようなルーツをたどり昭和31年福井農業試験場で「コシヒカリ」が 誕生したのです。誕生して以来現在、全国43都道府県栽培されています。 同じ「農林1号」と「農林22号」から生れた品種に「越路早生」・「ハツニシキ」・「ホウネンワセ」・「ゆたかわせ」等があります。 これらは出てきた当初から美味しいお米の品種として生産されてきましたが、次第にその評価が分かれ最終的に 「コシヒカリ」が最も高い評価を受けて現在に至っています。現在、日本で約500品種のお米が栽培されていて収穫量の約80%が 「コシヒカリ系品種」で占められています。

このページTOPへ